【独自】百貨店も休業要請で調整 東京都「酒類提供店は休業要請」


東京都では、テーマパークは休業要請、イベント・スポーツ競技場・劇場は無観客の方向で最終調整が進められている。

関係者によると、東京都では、緊急事態宣言発令にともなう対策案として、飲食店については、酒類を提供する店には休業要請、酒類を提供しない店には時短要請をすることが検討されている。

また、カラオケ店、遊興施設のほかに、1,000平方メートル以上の百貨店などの大型商業施設、テーマパークにも、休業要請をする方向で最終調整が進められている。

一方、イベントやスポーツ競技場、劇場については無観客とすることや、鉄道・バスなどについては、平日の終電繰り上げ、週末休日の減便も検討されている。

緊急事態宣言の期間は、4月25日から、5月9日の週までを軸に調整が進められている。

(FNNプライムオンライン4月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース