菅首相 温室効果ガス46%削減を表明 気候変動サミット


菅首相が、気候変動サミットで、温室効果ガスの2030年度の削減目標について、2013年度と比べて、46%の削減を目指すと表明した。

菅首相は、22日夜、アメリカのバイデン大統領が主催するオンラインの気候変動サミットに参加した。

この中で、菅首相は、「野心的な目標として、日本は2030年度に、温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指す」と表明し、「さらに50%の削減という高みに向け、挑戦を続けていく」と述べた。

そして、「世界の脱炭素化のリーダーシップをとっていきたい」と強調した。

菅首相は2020年、温室効果ガスの排出を2050年に「実質ゼロ」にすると宣言し、2030年度の削減目標の見直しを進めてきた。

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース