トリチウムはキャラから「T」に 復興庁 新たなチラシ公開


批判を受け修正したトリチウムのチラシを公開。

福島第1原発の処理水に含まれる放射性物質「トリチウム」をキャラクター化して描き、批判が相次いだチラシや動画について、復興庁は、デザインを修正したチラシを公開した。

「ゆるキャラ」のように描かれていたトリチウムが、アルファベットの「T」を用いたデザインに変更された。

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース