「ファーウェイ」自動運転技術の実力は 海外メディアとして初試乗

国際


中国通信機器大手の「ファーウェイ」が、自動運転技術を公開。
果たして、その実力は。

「ファーウェイ」が中国の大手自動車メーカーと共同開発した自動運転車に、FNNが海外メディアとして初めて試乗した。

搭載される自動運転システムのレベルは4で、あらかじめ限定されたエリア内であれば、緊急時も含め、システムが運転の主体となる。

5Gなどの通信技術が活用されたシステムによって、車は信号やほかの車両の位置などを自動検知して、スピードや車線を選択。

自己学習機能付きなので、走行すればするほど、より快適な自動運転を実現するという。

そして、やや細めの道を走行中、駐車していた車の前から人が出てくると、ブレーキがかかり、車は人を回避する方向へ。

緊急時も、システムが自分で対応していた。

自動運転をめぐっては、3月にホンダが世界に先駆け、レベル3の市場投入を開始したばかりだが、今回の試乗車はレベル4に相当するといい、2021年の冬から中国国内で販売予定。

アメリカからの制裁で、主力のスマートフォン事業が打撃を受けている「ファーウェイ」。

自動車関連には、2021年に10億ドル以上を投資する方針で、通信技術をほかの分野に活用する動きを活発化させている。

今週、上海で始まったモーターショーでも、この自動運転車を展示。

多くの人たちが関心を示していた。

来場者は、「注目製品で、実現すれば、自動運転の普及を3~5年ほど前進させると思う」、「ファーウェイの技術が高度なため、アメリカ側は脅威を感じ、危機感を持っているでしょう」などと話した。

HUAWEI スマートカー部門・王軍総裁「自動車メーカーとファーウェイがともに育んだ、まさに子どものような製品。ファーウェイのデジタル技術を、全ての車に提供したいと願っている」

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース