4都府県に緊急事態宣言発令へ 期間は4月25日から5月11日


政府は、東京・大阪・京都・兵庫の4都府県を対象に、4月25日から5月11日まで、緊急事態宣言を発令する方針を固め、23日、専門家による分科会に諮ったうえで、正式に決定する。

菅首相「このゴールデンウィークを中心に、集中的に対策を講じて、感染拡大を何としても阻止し、抑え込んでいきたい」

菅首相は22日夜、首相官邸で、西村経済再生担当相、田村厚労相など、関係閣僚と緊急事態宣言発令に向けた詰めの協議を行った。

そして、東京・大阪・京都・兵庫の4都府県を対象に、4月25日から5月11日まで、緊急事態宣言を発令する方針を固め、23日の分科会に諮問することを決めた。

また、新たに愛媛県に対し、まん延防止等重点措置を適用する方針も固めた。

政府は、分科会の了承を得たうえで、23日の政府対策本部で正式に決定することにしている。

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース