菅原前経産相 夏祭りで現金 過去にはメロンやカニも


菅原一秀前経済産業相(59)が地元の夏祭りに参加した際、有権者に現金を渡すなどしていた疑いが浮上し、東京地検特捜部から、任意で事情聴取を受けていたことがわかった。

関係者によると、菅原前経産相は地元の夏祭りに顔を出し、祭りが終わったあとの酒を酌み交わす「なおらい」などにも積極的に参加していたが、有権者から飲み物などを提供された際、現金数千円を置いて帰ったという。

菅原前経産相「(また現金配ったんでしょうか?)コメント出しますので」

菅原前経産相は、有権者への香典をめぐり刑事告発され、起訴猶予となかったが、検察審査会が「起訴すべき」と議決、特捜部が任意で事情を聴くなど再捜査している。

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース