再エネ主力でなければ達成できず 温室効果ガス46%減


菅首相が、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度と比べ、46%削減することを目指すと表明したことを受け、小泉環境相は、太陽光や風力など再生可能エネルギーが実現のかぎになるとの認識をあらためて示した。

小泉環境相「再エネを倍入れるような、そういう方針で向かわなければ、排出削減はできない」

菅首相は22日夜、2030年度の温室効果ガスの新たな削減目標について、2013年度と比べ、46%削減すると表明した。

小泉環境相は、再生可能エネルギーを主力電源にしなければ、目標は実現できないとの認識を示したうえで、電力全体での比率を2030年度に向け、2倍以上にすることに意欲を見せた。

太陽光パネルの家庭や企業での普及促進や、洋上風力発電の推進を図っていくとしている。

(FNNプライムオンライン4月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース