駆け込み客の姿も 緊急事態宣言を25日に控えた大阪は...


緊急事態宣言の発令を25日に控えた大阪の街では、百貨店やテーマパークなどに駆け込みで訪れる人の姿が見られた。

大阪府では、25日から百貨店など、床面積が1,000平方メートルを超える大型店舗に対して、休業が要請される。

多くの人が列を作って、百貨店の開店を待っていた。

百貨店を訪れた人は「娘の結婚式の衣装合わせで、衣類が買えなくなったら、困るので。もう大変です」、「相手先に贈りたいなと思っている物だった。きょう中に買っておきたいなと思って来ました。きょうは並んででも買いたいなと思っていたので」などと話した。

また、テーマパークやイベントは、原則無観客での実施が求められていて、25日から休業するユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、駆け込みで訪れる客の姿が見られた。

USJを訪れた人は「あした無理やから、きょう行こうみたいな」、「いろんな乗り物に乗って帰りたいです」、「ギリギリでよかったねって、そんな感じの」、「これ行ける? ってずっとLINEでやりとりしていて」、「これが、あした(宣言)ってなって、きょうってなっていたら、ちょっと落ち込んでました」などと話した。

東京では、都立公園で25日の緊急事態宣言に向けた準備が進められている。

休日は満車になることが多い駐車場は、25日からパイロンが置かれ、当面の間、閉鎖されるという。

駐車場のほかにも、園内にあるテニスコートや野球場などの運動施設は、25日から当面の間、使用禁止となる。

東京都では、都立公園のほか、動物園や美術館など文化施設も休館などの措置をとると発表している。

(関西テレビ)
(フジテレビ)

(FNNプライムオンライン4月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース