臨時休業を前に“駆け込み”も あすから緊急事態宣言


各地のテーマパークや百貨店では、25日からの臨時休業を前に駆け込み客の姿が見られたほか、24日に入り、休業要請が来たケースも多く、その対応に追われていた。

きょう1日をまとめた。

大阪市此花区にある大型テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン。

25日からの休業を前に、走って園内に駆け込む女性客の姿があった。

USJを訪れた人「あした無理やから、きょう行こうみたいな」、「ギリギリでよかった、そんな感じ」

東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に、25日に発令される緊急事態宣言。

大阪府では、酒類の提供を行う飲食店は休業。

提供しない店は、夜8時までの時短営業が要請され、百貨店など、床面積が1,000平方メートルを超える大型店舗に対しても、休業が要請されている。

大阪・梅田の百貨店では、多くの人が列をつくって百貨店の開店を待っていた。

百貨店を訪れた人「娘の結婚式の衣装合わせで、衣類が買えなくなったら困るので。もう大変」

大阪ミナミの「串カツ だるま」道頓堀店。

酒を出さずに、ソフトドリンクだけで時短営業するか、それとも休業するか、究極の選択を迫られている。

「串カツ だるま」道頓堀・中嶋隆晴店長「決まりまして。うちの店はお酒の販売なく、時短営業します」

酒は提供できないものの、午後8時まで時短営業することにしたという。

ただ、不安も大きいという。

中嶋隆晴店長「お酒の販売なしにして、どれくらいの人が来るんだろう。もしかしたら、休業することもあるかもしれない」

24日、大阪府では、1,097人の感染が新たに確認された。

一方、2回目の緊急事態宣言解除後、最多となる876人の感染が確認された東京都。

井の頭公園では、25日からの緊急事態宣言を前に、園内にネットを張り、混雑緩和を促している。

武蔵野市と三鷹市にまたがる、都立井の頭恩賜公園では、池の周りなど人が集まりやすい場所に、ネットを張る作業が行われている。

利用客「そこまで制限されると困る。アウトドアの遊びをやろうとしていたので、行けないとなると、どこに行けばいいのか」、「ここが使えないのは残念。予防にはなると思う」

公園では、駐車場やテニスコート、野球場などの施設も、当面の間使用禁止となる。

東京都では、都立公園のほか、動物園や美術館なども休館にすると発表している。

東京の観光地・浅草。

浅草に訪れた人「明日からなかなか出にくくなるので、きょう中に近場の観光地に遊びに来ようと」

仲見世商店街に24日、東京都から休業要請があったそうで、多くの店が25日から休業する可能性があるという。

また、多くの百貨店が、生活必需品などの売り場を除いて、25日から休業する東京・銀座。

銀座を訪れた人「百貨店がみんな閉まってしまうという話だったので、焦って来た。デパートが休みになると、どこも行くところがない」

おばあちゃんの原宿といわれる巣鴨も、緊急事態宣言発令を前に、多くの人が訪れていた。

江戸川区の葛西海浜公園では、緊急事態宣言発令を前に、潮干狩りや水遊びを楽しむ人たちでにぎわっている。

訪れた人「たのしい、お砂」、「今行かないと行けなくなると思い、きょう来ました」

前回よりも、より強い対策を打ち出している緊急事態宣言。

わたしたちの生活にも大きな影響を与えそう。

(FNNプライムオンライン4月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース