原料は「植物由来」のみ プラントベース・フード まるで“ホンモノ”なメニュー


世界で急速な広がりを見せている、植物由来の原料のみを使った、プラントベース・フード。

日本でも愛好者が増える中、「おいしいうえに健康にもいい」と評判の、この食品の最前線を取材した。

東京・渋谷の商業ビル内にオープンしたばかりのおしゃれなカフェ「2foods」渋谷ロフト店。

ランチを楽しむお客でにぎわうのには、あるわけが。

今、じわじわと注目を集めている植物由来の原料のみを使った、プラントベース・フード。

その最先端のフードをお財布にやさしい価格で味わうことができる。

来店客「植物性のものだけというのを感じない」、「おいしいですね」

例えば、「まるでたまごなドーナツサンド」。

見たところ、たまごサンドそのものに見えるが、たまごを一切使っていない。

たまごに見える部分は、かぼちゃと豆腐を使用。

風味は企業秘密の香辛料で再現している。

「ラズベリー ピスタチオドーナツ」も、卵や乳製品、白砂糖などを使わない、プラントベース・フード。

さらに、玄米の粉を使った、「生食感の濃厚ガトーショコラ」も。

ほかにも、カレーやどんぶりなど、60種類以上のメニューをラインアップ。

国内のプラントベース・フードとしては、屈指の種類の豊富さ。

この新しい事業を立ち上げた東さん。

株式会社TWO 代表取締役CEO・東義和氏「(2foodsの名前の由来は?)健康とおいしさを両立することが、ブランドのコンセプト」

製造は、セントラルキッチン方式で一元管理。

需要データから、1日に商品の90%以上を販売するなどして、廃棄ロス10%以下を目指している。

東義和氏「飲食業界は今、コロナで厳しい環境にあるが、健康志向の高まりとか、若者を中心としたエシカル消費(人や社会・環境に配慮した消費行動)、確実に盛り上がる」

4年後には、2.6兆円規模になると予測される、世界のビーガン市場。

コロナウイルスの影響で健康志向に関心が高まる中、プラントベース・フードが、わたしたちの健康にどうコミットしていくのか注目。

(FNNプライムオンライン4月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース