インドネシア軍 不明潜水艦は沈没との見方示す

国際

インドネシア軍は、53人を乗せたまま消息を絶った潜水艦について、沈没したとの見方を示した。

21日にバリ島沖で行方不明となった潜水艦について、インドネシア軍は24日、周辺海域で回収した部品などを公開し、「沈没を示す証拠だ」と説明した。

この潜水艦は、水深500メートルまで耐えられる設計だが、その制限を大きく超える深さに沈んでいるとみられ、軍は、水圧で潜水艦が破損した可能性があるとみている。

(FNNプライムオンライン4月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース