幅広い業種に休業要請 きょうから3度目「緊急宣言」


新型コロナウイルスの感染が拡大している、東京・大阪・京都・兵庫の4都府県で、3度目の緊急事態宣言の期間が25日から始まった。

幅広い業種に休業要請が出される中、日曜日の繁華街では、普段と比べて人出が少ないという声も聞かれた。

今回の緊急事態宣言では、酒類を提供する飲食店や、百貨店、ショッピングセンターを含めた大型の商業施設など、幅広い業種に休業要請が出され、人の流れを抑制して感染を封じ込める狙いがある。

街の人「毎週日曜日に来てるんですけど、きょうは少ないと思いました」

また、緊急事態宣言の期間がゴールデンウィークとも重なることから、観光地では落胆の声が聞かれた。

街の人「いつもの浅草とは、雰囲気も人の多さも全然違う。日曜日の浅草は(人が)もっとすごいので、逆にびっくりした」、「寂しいの一言」

(FNNプライムオンライン4月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース