感染力最大1.4倍・若い世代で重症化も…医師に聞いた変異ウイルス「イギリス型」の怖さ「対策の徹底を」

ワクチン待ちでは第5波も…より徹底した感染対策を

新型コロナの変異ウイルスについて21日、愛知県と三重県の知事が気になる発表をした。新型コロナウイルスの感染者の多くが「変異ウイルス」いう発表だ。

感染者のうち変異ウイルスが占める割合は、愛知では1か月前には13%ほどだったのが、直近の1週間では66%と3分の2が変異ウイルスだった。

さらに、三重では1か月前は5%、20人に1人の割合しか変異ウイルスが確認されていなかったが、直近では約95%と、ほとんどが変異ウイルスだった。

そして、岐阜も直近で約6割が変異ウイルスと、この1カ月で変異ウイルスが感染者の主流になっている。さらに東海3県の変異ウイルスはほとんどが感染力の強い「イギリス型」。愛知と三重では、ウイルスの解析で判別できたものは「全て」がイギリス型だった。


感染力の強さと重症化のリスクについて、感染症の専門家、愛知県がんセンター病院の伊東医師に聞いた。

伊東医師:
イギリス変異株の特徴は従来のウイルスよりも感染力が高く、最大40%程度増加していると言われていますが、あわせて重症化もしやすい。今まで重症化しなかった若年層での重症化も起こっている。大阪だと第4波は、第3波を大きく上回る速度・規模で急拡大しているわけですが、(東海3県でも)関西地域のような感染者の急激な拡大であったり、重症者数の増加であったり、若い世代での重症化が起こってくる、繋がる可能性があるかと思います

イギリス型の感染力は最大で1.4倍、そして若い世代でも重症化しやすいという傾向があるとのこと。


また、ワクチンがこのイギリス型に効くのかどうかについて伊東医師は「イギリス型にワクチンは有効」とする一方で、「医療従事者でもまだ接種できていない人がいるということで、とてもじゃないけどワクチンではこの第4波は抑え込めず、感染対策で抑え込んでも、その次の第5波が来るかもしれない」という。


伊東医師は「感染しやすい、若い世代も重症化しやすいということをしっかりと認識して、改めて感染対策の徹底をして欲しい」と話している。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン4月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース