部品交換中にエレベーター落下 下敷きの男性作業員が心肺停止 愛知


愛知・名古屋市のビルで26日午前、小型のエレベーターが落下し、部品交換をしていた男性が下敷きになり、心肺停止の状態。

警察などによると、午前9時半ごろ、名古屋市千種区のビルで、荷物を運ぶための小型のエレベーターの部品を交換していたところ、突然落下し、1階で作業していた30歳くらいの男性が挟まれた。

消防が駆けつけ、男性は、まもなく救助され病院へ搬送されたが、心肺停止の状態。

このビルでは、26日午前8時ごろから、男性を含む4人でエレベーターの部品を交換する作業をしていて、警察などが、落下した原因をくわしく調べている。

(FNNプライムオンライン4月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース