国産ワクチンの開発を提言 自民党プロジェクトチーム


日本だけで流行する変異株が出てくるおそれがあるとして、「国産ワクチンの開発」を促している。

新型コロナウイルスワクチンに関する自民党のプロジェクトチームがまとめた提言では、「海外の企業が目を向けない、わが国でのみ流行する変異株が出現する可能性も否定できない」と指摘し、海外製のワクチンに依存する現状に危機感を示して、国産ワクチンを開発する必要性を強調している。

また、ワクチン接種の現在のスケジュールでは、若年層には、海外で血栓の症例が報告されているアストラゼネカ製のワクチンを接種することになるとして、メッセンジャーRNAワクチンの買い増しや、新たに組み換えタンパク・ワクチンを購入する選択を含め、ワクチン選択の幅を広げて対応すべきだと、政府に求めている。

(FNNプライムオンライン4月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース