「お酒出せない」売り上げ半減 3度目の緊急事態宣言 街は変わった?


26日、国内で新型コロナウイルスに感染し、亡くなった人が累計で1万人を超えた。

焼肉酒場 新世界・佐々木洋史代表取締役「アルコールがないっていうだけで、それだけ違うのかっていうのが身に染みてわかります」

3度目の緊急事態宣言が出された東京・葛飾区の焼き肉店「焼肉酒場 新世界」は厳しい現状を嘆いていた。

発令で酒類の提供ができなくなった25日は、前の週の日曜日から売り上げが半分に落ち込んだという。

焼肉酒場 新世界・佐々木代表取締役「コンビニでアルコール、缶ビールを買ってきて、うちの店でこっそり飲んでいるお客さまがいらっしゃったんです。一応ご注意はさせていただいたんですけど、そういうトラブルがあったので、完全にコンビニとかでも販売は中止にして、やるならやるでやった方がいいと思います」

東京都では26日、新たに425人の感染が確認され、前の週の同じ曜日を上回るのは、4月1日から26日連続となる。

小池都知事「今回のコロナは従来よりも強い。だから関西があんなに大変になっているので、首都圏でそれを繰り返したくないです」

宣言初日を迎えた25日夜の東京。

ソフトバンクの子会社Agoopによると、25日午後8時の人出を1週間前の同じ時間と比べると、東京・渋谷のセンター街では26.2%減、新宿・歌舞伎町は17%減、銀座も34.4%減ったという。

ただ、2020年4月の宣言直後の日曜日と比べると、渋谷で1.5倍、新宿と銀座は約2倍に増えていた。

この人出を抑えるため、東京都は独自の対策として、繁華街を中心に照明をともなう看板やネオンなどの消灯を要請した。

午後8時、銀座の街から明かりが消え始め、通行人からは、「ちょっと暗くて寂しい」、「気持ち的には外に出にくくなるので、結果成功」などの声が聞かれた。

新宿アルタの大ビジョンも午後8時に消灯。

しかし歌舞伎町のシンボル、赤いネオンは午後8時をすぎても消えることなく、同じ新宿でも対応が分かれる形となった。

人出を抑えるうえで今問題視されているのが、公園や歩道で酒を酌み交わす、いわゆる“路上飲み”。

小池知事は路上飲みを控えるよう呼びかけているが、25日午後9時すぎの渋谷駅前では、コンビニで買った酒を向かいの歩道に座り込んで飲む若者たちの姿があった。

路上飲みをする若者「とりあえず1缶だけ買って飲んで帰ろうかみたいな感じで。路上飲みは良いか悪いかと言ったら悪いと思うけど、飲食店とか居酒屋で飲むよりかは密ではないかな」

さらに別の場所では、どこから持ってきたのか、ビールの生だるを蹴飛ばしていた若者もいた。

こうした光景には警察も目を光らせ、時に注意をするものの、警察がいなくなって約30分後には、再び多くの若者が集まりだした。

深夜になっても続く路上飲み。
警察が来ても、お構いなし。

若者グループ「フォーイ!」
警察官「いい加減にしてください!」
若者グループ「俺ら、今来たんだよ!」

若者たちは聞く耳を持たず、警察もお手上げ状態。

そして深夜0時すぎ、路上には多くのゴミが残されていた。

宣言の最終日まで残り15日、厳しい闘いが続く。

(FNNプライムオンライン4月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース