オリパラ選手対策強化 出国前検査を2回に


選手らに求める出国前の検査を、これまでの1回から、2回に増やす方針を固めた。

東京オリンピック・パラリンピックで来日する選手らに対して、政府などはこれまで、出国前72時間以内に新型コロナウイルスの検査を1回受けることを求めることにしていたが、現在の感染状況をふまえ、出国前96時間以内に2回とするなど、対策を強化する方針を固めたことが、関係者への取材でわかった。

また入国後は、選手に毎日検査を実施したうえで、入国初日から練習することを認める方針。

(FNNプライムオンライン4月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース