感染急拡大のインドにアメリカが支援表明 一日あたり35万人超える

国際


新規感染者が35万人を超えたインドに、アメリカが支援を表明。

インドでは、新型コロナウイルスの一日あたりの感染者数が35万人を超え、世界最悪のペースで感染が急拡大している。

アメリカ政府の担当者は25日、インド政府側と電話会談し、ワクチン製造用の物資や治療薬、人工呼吸器などの医療器具を提供することで合意したと発表した。

バイデン大統領は、ツイッターで「パンデミックの初期にアメリカの医療がひっ迫していた際、インドが支援してくれたように、われわれはインドが必要な時に支援する決意だ」と表明した。

インドをめぐっては、イギリスやフランスも医療器具を提供する方針を発表するなど、支援の動きが広がっている。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース