「インドに可能な限り支援」 連日30万人超感染でWHO

国際


WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は26日、一日あたりの感染者が連日30万人を超えているインドに対し、可能な限りの支援を行っていると強調した。

テドロス事務局長「インドの状況は悲痛を通り越している。WHOはできる限りのことをやっている」

テドロス事務局長は、インドに酸素濃縮器やプレハブの野営病院など医療物資の供給を行っているほか、WHOのスタッフ2,600人を現地に派遣して支援を強化していると述べた。

またWHOは、世界全体で感染が9週間連続で増加していて、「警戒を緩めればインドのような状況は各国で起こりうる」として、あらためて対策の徹底を呼びかけた。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース