「外交青書2021」尖閣・ウイグルなど中国に関する記述が増加


外務省は27日朝の閣議で、2021年版の「外交青書」を報告した。

中国の行動を懸念する記述が増えている。

今回の外交青書は、経済外交を扱う章を新たに設けたほか、アメリカと中国の対立について、通常は国際情勢全般を扱う冒頭の部分で記述した。

中国については、「尖閣諸島周辺の日本領海で独自の主張をする中国海警船舶の活動はそもそも国際法違反」と明記し、引き続き中国側に「深刻な懸念」を伝えていくとしている。

香港や新疆ウイグル自治区での人権問題についても従来より紙面を割き、「中国政府が透明性のある説明をするよう、あらゆるレベルで働きかけている」と強調している。

中国に関する記述が増えたことについて外務省は、「より複雑化した中国をめぐる情勢を反映した結果」としている。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース