大規模センターでモデルナ接種へ 5月24日 東京に


菅首相は、防衛省・自衛隊に対し、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターを、東京都に設置するよう指示した。

センターでは、アメリカのモデルナ社製のワクチンを使う方針。

岸防衛相「総理からの指示を受け、(設置に)必要な準備を速やかに開始するよう指示した」

岸防衛相によると、菅首相は、防衛省・自衛隊に対し、5月24日に、東京都にワクチンの大規模接種センターを設置し、およそ3カ月間、運営するよう指示した。

東京の接種センターでは、埼玉・千葉・東京・神奈川の4都県の高齢者を主な対象として、1日あたり1万人規模の接種を行うことを想定している。

菅首相は、同時に大規模接種センターが設置される予定の大阪府や、ほかの地域に対する支援も指示した。

一方、政府は、こうした国が運営する大規模接種センターでは、アメリカのモデルナ社製のワクチンを使う方針。

ワクチン接種担当・河野規制改革相「今の自治体は、もうファイザーでおなかいっぱいになっている。別ルートを立ち上げる必要がある」

モデルナ社製のワクチンは現在、自治体が接種を進めるファイザー社製とは保存温度などが異なるため、混乱を避ける狙いがある。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース