食品ロス 1人あたり47kgも 小泉環境相 呼びかけ


環境省は、2018年度の食品ロスが、前の年度から12万トン減り、およそ600万トンだったと発表した。

小泉環境相「WFP(世界食糧計画)が、世界で食糧支援を展開をしている量の1.5倍も日本は捨てている。こういった状況を、やはり多くの方にも知っていただきたい」

政府は、食品ロスについて、2030年度までに489万トンにする目標を掲げているが、2018年度の食品ロスはおよそ600万トンで、国民1人あたり、およそ47kgの食品を廃棄していることになる。

前の年度から12万トン減ったものの、ほぼ横ばいの推移が続いている。

小泉環境相は、政府目標について、達成できる見通しを示しつつも、継続的な削減は容易ではないとした。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース