携帯店員4割「高い料金プランを勧誘したことがある」 “利用者の意向”は確認せず

経済・ビジネス


高い料金プランを客に勧める携帯ショップでの接客の実態が、初めて明らかになった。

携帯ショップで働く店員の実に4割が、「利用者のニーズや意向を丁寧に確認せずに高い料金プランを勧誘したことがある」と調査に回答。

町の人からは...。

20代女性A「お客さまファーストじゃないけど、客のことも考えてほしい」

20代女性B「ひどいなとは思います」

20代女性C「(そもそも料金プランが)わかりにくい」

20代女性D「もうちょっとわかりやすくしてほしい」

驚きの調査結果は、総務省が、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社などの携帯販売店で働く店員に初めて行ったアンケートで判明。

高い料金プランへの勧誘だけでなく、アクセサリーやオプション契約の勧誘でも、利用客の意向を確認せずに勧誘したことがあるという実態が浮き彫りとなり、消費者保護の指針に違反する営業をしている可能性もある。

20代女性C「使わないオプションはいらない。結局、何カ月後かに(オプションを)外してくださいと言われても忘れてしまって、月額が毎月取られる」

80代女性「(契約で)難しいことがたくさんあるから、簡単に済むようにしてほしい」

そもそも利用者が訪れる携帯ショップのほとんどは、大手携帯会社の直営店ではなく、独立した代理店。

「携帯大手が携帯ショップに設定するオプションプランなどの高い営業目標が、利用者の意向を反映しない勧誘につながる」と答えた店員が4割強にのぼったという。

総務省では、携帯会社の代理店への指導の改善などを求めている。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース