はやぶさ2 カメラ故障 放射線による劣化か


「はやぶさ2」のカメラが故障。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると、はやぶさ2のカメラ制御部が故障し、小惑星「リュウグウ」への着地成功など、歴史的な瞬間を撮影してきたカメラが動かなくなったという。

原因は、放射線による劣化と考えられるが、探査機自体は順調に運行を続けていて、ミッション遂行に問題はないという。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース