大規模接種センター 東京に設置 モデルナ社ワクチン 使用予定


菅首相は岸防衛相に対し、自衛隊の手で新型コロナワクチンの大規模接種センターを東京に設置するよう指示し、27日、防衛省で会議が開かれた。

岸防衛相「国民の命と暮らしを守り抜くことが、自衛隊の最大の使命だと皆が自覚し、大規模接種センターを開設し、運用すべく、速やかに準備を開始してください」

菅首相の指示を受け、防衛省・自衛隊は、5月24日に、東京の大手町合同庁舎に、ワクチンの大規模接種センターを設置し、およそ3カ月間運営する。

センターでは、東京・埼玉・千葉・神奈川の4都県の高齢者を主な対象として、1日あたり1万人規模の接種を行う想定。

政府は、大阪にも自衛隊によるセンターを設置する方針で、ともにアメリカのモデルナ社製のワクチンを使用する予定。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース