「ニトリ」がダイニング事業に参入の狙い 衣食住に業種拡大

経済・ビジネス 暮らし


外食でも“お値段以上”を提供する。

こんがり焼き目のついたチキンステーキに、チーズたっぷりのグラタンなどが楽しめる、お店。

看板をよく見てみると、「ニトリダイニング」の文字が。

27日、神奈川・相模原市にオープンしたのは、家具インテリア専門店「ニトリ」が手がけるレストランの2号店。

ステーキやグラタンなど、ボリュームたっぷりのメニューからスイーツまで、幅広く取りそろえている。

来店客「安すぎるくらい、びっくりしました。外がカリッとしていて、中がふっくらで、メニューに書いてあった通りで、すごくおいしかった」、「おいしい。 ふーふーしながら食べてるから熱くないよ。また食べたい」

一番人気のチキンステーキやグラタンは500円から。

テイクアウトではさらに安く、490円からと、ワンコインでお釣りがくるものも。

さらに、追加料金でサラダやスープ・ライスが、お代わり自由になるセットもある。

ニトリパブリック外食事業部・小林純マネジャー「並んでいるお客さまもいて、いいお客さまの入り方だと思う。(食器とか)できる限りニトリ商品を使って提供をしている。やっぱりニトリなので、そういった使い方とか料理の仕方を少しでもご紹介できたらなという思い」

使用しているグラタン皿やステーキ皿などの食器は、ニトリで販売されている商品。

レストランで使い心地を体験してもらうことで、食事のついでに買い物に、買い物ついでに食事になど、店舗を相互に利用してもらいたい考え。

ニトリは2019年には、アパレルブランド「N+」を展開。

また、2021年1月には、ホームセンター大手「島忠」と統合するなど、業種の拡大に積極的。

ニトリパブリック外食事業部・小林純マネジャー「(ニトリは)衣食住に展開しようという思いで始まった。衣はN+があるので、それに続いて、みんなのグリルも展開していけたら」

多くの飲食業が新型コロナウイルスの影響を受ける中、ニトリは、食でも存在感を示すことができるのだろうか。

(FNNプライムオンライン4月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース