混乱は? 高齢者接種めぐり国会で質疑


国会では、菅首相が先週表明した、高齢者への2回のワクチン接種を7月末までに終える目標について、野党側が政府の検討状況をただした。

共産党・塩川議員「高齢者の接種を7月末までに終えるという(自治体の接種)計画は、どの程度あるのでしょうか?」

ワクチン担当・河野規制改革相「それの把握に努めているところでございます」

共産党の塩川議員が、希望する高齢者への2回のワクチン接種目標は「自治体を混乱させている」と指摘し、河野大臣は「そんなことはない。ワクチン接種を前倒しするのは、国民全体の願いではないか」と反論した。

一方、防衛省の中山副大臣は、東京都の「大規模接種センター」の会場になる大手町合同庁舎3号館を視察した。

この建物は、京橋税務署などが2020年まで使っていたもので、食堂の跡地がワクチン保管庫、会議室だった場所が接種会場になる。

政府は5月24日から、1日あたり1万人規模の接種を行う想定。

(FNNプライムオンライン4月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース