政府分科会の尾身会長 「五輪 議論始めるべき時期」


政府の分科会の尾身会長は、東京オリンピック・パラリンピックについての議論を始めるべき時期に来ているとの考えを示した。

分科会・尾身茂会長「今の組織委員会など関係者が、感染のレベルや医療の逼迫(ひっぱく)の状況などをふまえて、オリパラにかかわる議論をしっかりとやるべき時期に、わたしは来たと思います」

尾身会長は、東京大会の開催のあり方などについて、直前に決めることはあり得ないとし、感染状況や医療の逼迫が、今後どうなるのかを考慮したうえで、組織委員会など関係者が、議論を始めるべき時期に来ているとの考えを示した。

また尾身会長は、政府から個人的に相談はあったものの、分科会には検討の依頼はないと明らかにしたうえで、機会があれば、専門家として感染状況などの意見を述べていくと話した。

(FNNプライムオンライン4月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース