2回目の緊急事態宣言解除後最多の感染者 全国で5789人 新型コロナ


28日、全国で新たに5,789人の新型コロナウイルスの感染が確認され、2回目の緊急事態宣言解除後、最多となった。

28日、大阪府では1,260人、福岡県では440人の感染が確認され、いずれも過去最多となった。

また、東京都の感染者は925人で、900人を超えるのは3カ月ぶり。

このほか、兵庫県では過去2番目となる600人、北海道で217人、神奈川県で257人、愛知県で322人など、全国で5,789人の感染が確認された。

1日の感染者としては、2回目の緊急事態宣言解除後、最も多くなっている。

また、全国では、51人の死亡が確認されたほか、27日までの重症者数は、前の日から37人増えて953人で、2日連続で900人を超えている。

一方、厚生労働省によると、国内での変異ウイルスの感染者数は、直近1週間に669人増え、これまでの感染者数は2,549人となった。

(FNNプライムオンライン4月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース