両陛下 福島被災者と交流 震災10年 オンラインで


天皇皇后両陛下は、発生から10年を迎えた東日本大震災の被災地、福島県の双葉町などをオンラインで訪問された。

両陛下は、お住まいの赤坂御所で、東京電力福島第1原発事故による帰還困難地域を抱える双葉町と大熊町の被災者と交流された。

両陛下は、「皆さん本当にご苦労なさったのですね」などと声をかけ、福島第2原発で作業にあたった男性に、「くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください」と気遣われた。

両陛下は3月、岩手、宮城の被災地をオンラインで見舞われ、福島への訪問は、震度6強を観測した地震の影響で、2021年2月から延期されていた。

(FNNプライムオンライン4月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース