旅行・帰省に目立つ混雑なし “緊急事態宣言”中のGW初日


29日は、ゴールデンウィーク初日。

東京や大阪など、4つの都府県で緊急事態が宣言される中での連休スタートとなり、空の便や新幹線などでは、目立った混雑は起きていない。

29日朝の羽田空港では、スーツケースを持った人などの姿が見られた。

全日空国内線のゴールデンウィークの予約率は、2020年のおよそ8倍だが、コロナ禍前の2019年のゴールデンウィークの4割ほどで、沖縄方面が最も人気があるという。

沖縄へ友人の結婚式に行く人「友達の結婚式で。沖縄も増えているので不安ではある」

徳島に帰省する人「もう決めていたので、今回は帰ろうかなと」

一方、JR東京駅では、帰省する人などが見られた。

東海道新幹線の「のぞみ」の自由席で、乗車率およそ60%の列車もあるが、各新幹線の自由席乗車率は、ほとんど30%以下となっている。

兵庫に帰省する人「向こうの両親や家族にもOKもらって、やっとお墓参りとかも行けるってことなので」

名古屋へ出張に行く人「いくら出張とはいえ、行きたくない。でも会社の出張なので仕方ない」

29日午前11時30分現在の東名高速道路厚木インターチェンジ付近の様子。

日本道路交通情報センターによると、各地の高速道路で目立った渋滞は発生していないという。

(FNNプライムオンライン4月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース