河野大臣 協力医師へ支援金 ワクチン接種加速に向け


新型コロナウイルスワクチンの接種をめぐり、河野規制改革相は、開業医などの医師が接種に協力しやすくするため、支援金を支払う意向を表明した。

河野規制改革相は民放テレビの番組で、ワクチン接種を加速させるため、開業医などの医師に対し、早朝や夜間、休日などに接種に協力するよう呼びかけていると強調した。

そのうえで、「医師が出てきやすい仕組みをつくる。何らかの形で支援金、協力金を支払うこともやっていきたい」と表明した。

菅首相は、30日、日本医師会の中川会長と面会する予定で、接種への協力を求める見通し。

また、河野規制改革相は、都道府県などが大規模接種をやる場合、現在自治体に供給しているファイザーのワクチンではなく、「モデルナのワクチンを別途供給する」と述べた。

(FNNプライムオンライン4月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース