ワクチン1回 家庭内感染“半減” イギリス保健当局が調査

国際


イギリス当局は、新型コロナウイルスのワクチンを1回接種しただけでも、家庭内感染が、最大で半分近く減るとの調査結果を発表した。

イギリスの保健当局によると、2回の接種が必要なファイザー、またはアストラゼネカのワクチンを1回接種した人が、その後感染した場合、家庭内で感染を広げるケースは、接種していない場合と比較して、38%から49%低かったという。

調査は、ワクチンを受けたあとに感染した、5万7,000人以上を対象に行われた。

イギリスのハンコック保健相は、「ワクチンが感染の拡大を抑えることが証明された」として、積極的な接種を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン4月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース