月面初着陸 アポロ11号 乗組員 コリンズ氏死去

国際


人類初の月面着陸を果たしたアメリカの宇宙船「アポロ11号」の乗組員、マイケル・コリンズさんが亡くなった。
90歳だった。

コリンズさんは1969年、ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン飛行士が月に降り立つ中、1人、司令船に残って支援にあたり、裏方に徹した姿から、「歴史上最も孤独な男」、「忘れられた飛行士」とも呼ばれた。

NASA(米航空宇宙局)は、「真の開拓者を失った」と偉業をたたえている。

(FNNプライムオンライン4月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース