「内閣総理大臣顕彰」授与 松山英樹選手「金メダル目指す」

スポーツ


日本男子として、初のマスターズ制覇の偉業を成し遂げた松山英樹選手に、菅首相から30日、内閣総理大臣顕彰が贈られた。

一方、松山選手からは、お礼の品が手渡された。

王者の証し、グリーンジャケットを着て、顕彰式に臨んだ松山選手。

30日朝の首相官邸で、菅首相から内閣総理大臣顕彰を授与された。

菅首相「今月の16日に訪米をして、バイデン大統領と首脳会談を行った。その冒頭、大統領から、『松山、素晴らしかったね。マスターズ初の快挙』」。

松山選手「僕が、このマスターズを制覇したことによって、ほかのスポーツ選手、スポーツの子どもたちもゴルフを見て、さらに上を目指そうと思ってもらえれば、すごくうれしいなと思って、これからも頑張りたいなっていう気持ちです」

松山選手からは、お礼の品として、菅首相にサイン入りのマスターズのピンフラッグと帽子を手渡した。

顕彰式では、少し緊張した様子の松山選手だったが、終了後、夏の東京オリンピックでは「金メダルを目指して頑張りたい」と意気込みを語った。

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース