“紀州のドン・ファン”殺害 元妻 離婚求められ計画的犯行か


「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家の男性を殺害した疑いで逮捕された元妻について、警察は、事件直前に離婚を求められたことをきっかけに、犯行に及んだ疑いがあるとみて調べている。

須藤早貴容疑者(25)は3年前、和歌山・田辺市の自宅で、夫だった資産家の野崎幸助さん(当時77)に、覚醒剤を口から摂取させて殺害した疑いが持たれている。

野崎さんの会社の元従業員によると、野崎さんは、須藤容疑者に毎月100万円を渡す約束をして、死亡する3カ月前に結婚していた。

しかし須藤容疑者が、結婚後も東京都内のマンションに住み続けたことなどから、野崎さんは、須藤容疑者に「離婚したい」と話し、離婚届も用意していたという。

警察は、須藤容疑者が離婚を求められたことをきっかけに、計画的に犯行に及んだ疑いもあるとみて調べている。

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース