世界最長のつり橋からの絶景 世界遺産を一望 ポルトガル

国際


あらゆる角度から、世界遺産を望める。

ポルトガル北部の渓谷にかかる、つり橋。

長さは516メートルで、歩いて渡るつり橋としては世界最長。

足元はメッシュ状で、すくんでしまいそうだが、175メートル下に広がる雄大な景色は、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産。

つり橋は2年かけて完成したもので、関係者は、新たな観光名所としてアピールしている。

担当者は「おいしい空気を吸いながら景色を楽しんでほしい」と話しているが、1歩あるくたびに揺れるといい、「それどころではない!」という声も出てきそう。

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース