「若者なぜ外出」東京都が調査 「緊急事態」の渋谷・新宿・原宿


緊急事態宣言が発令される中、外出が減らない要因を分析するため、東京都は、渋谷など繁華街で若者にアンケート調査を行った。

東京都のアンケート調査は、渋谷駅・新宿駅・原宿駅周辺の3カ所で行われ、若者のグループおよそ400組に対して、外出の目的や理由などを聞き取った。

東京都総務局総合防災部・高橋秀樹担当課長「とにかく街に出て、若い方の話を聞いて、呼びかけに生かしていきたい」

アンケートでは、「よく利用するSNSは何か」なども質問していて、東京都は、アンケート結果から外出が減らない要因を分析し、効果的な外出自粛の呼びかけにつなげていきたいとしている。

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース