鎌倉市がタクシー利用券を配布 家から接種会場“上限なし”


「あなたの街のワクチン事情」。

高齢者全員に、自宅とワクチン接種会場を往復できるタクシーの利用券を配る街がある。

30日は、神奈川・鎌倉市にあるワクチンの集団接種会場から、中継で木村拓也キャスターがお伝えする。

この会場は、着々と準備が進んでいて、いつでも接種ができるぐらいまで整っている。

ほかにも、この会場あわせて8つの集団接種会場が鎌倉市にはあるが、地図を見ると、駅から近いようにも見える。
ただ、10分前後、徒歩でかかるところも少なくない。

高齢者にとって、徒歩10分というのは、移動としては大変なところもあるかとみられる。

車で移動と考えるが、実はそこで問題があり、鎌倉市の集団接種会場には、駐車場がないところが多い。

鎌倉市は、人口が17万人ほどいて、65歳以上の高齢者が、およそ5万4,000人いる。

鎌倉の鶴岡八幡宮も集団接種の会場になっていて、武道場でワクチン接種ができるが、ここもワクチン接種の人のための駐車場はない。

市内8つある集団接種会場のうち、駐車場があるのは、たったの3つだけ。
割合でいうと、6割の施設に関して、駐車場がないという。

鎌倉の地形は、山に囲まれていて、駐車場の敷地がなかなか確保できないというところが問題として挙げられる。

では、その駐車場が少ない問題を、どう解決していけばいいのか。

それは、タクシー。
このタクシーの料金が、無料になる。

65歳以上の高齢者接種券とともに配布されるタクシー利用券を使うと、自宅と接種会場の行きも帰りも無料になるという。

タクシー利用券を作った鎌倉市長に話を聞く。

松尾崇市長「(タクシー利用券は、どういった思いで作られたんでしょうか?)高齢者の方の中には、足が悪い方や、また感染予防のために、ほとんど外に出ない方もいらっしゃいます。そういう方の中で、ワクチン接種を希望する方が確実に、安全に打てるようにこの仕組みにしました」

このあとのスケジュールに関して、まずは80歳以上の人が、5月16日から接種が開始される。

翌17日から65歳以上のワクチン接種の予約が開始される。
 

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース