密集状態で倒れ200人死傷 宗教行事に10万人参加 イスラエル

国際


およそ200人の信者が死傷。

イスラエルメディアなどによると、30日未明に行われたユダヤ教の宗教行事で、集まった「超正統派」の信者らが密集状態となり、折り重なるように倒れた。

この事故で、少なくとも44人が死亡したほか、150人以上が負傷した。

保健当局は、新型コロナウイルスの感染防止のため、参加者を1万人に制限するよう呼びかけていたが、行事には、およそ10万人が参加していた。

ネタニヤフ首相は、ツイッターで、「大惨事だ。負傷者の回復を祈り、救助隊を増員する」と述べている。

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース