韓流ドラマ見た1万人が自首 北朝鮮で懲役15年罰則強化

国際


北朝鮮で韓流ドラマを見た1万人が、自首した。

韓国メディアによると、2020年末、北朝鮮の学生ら1万人が、韓流ドラマと映画をひそかに見ていたとして、警察当局に自首したという。

北朝鮮では、韓国の動画は「反社会主義的」として、視聴が禁じられている。

2020年12月には、韓流ドラマなどを世間に広めたら死刑、視聴しただけでも懲役15年と罰則が強化された。

また、金正恩(キム・ジョンウン)総書記は、2月に「反社会主義的行為を無慈悲に滅ぼすべき」と演説するなど、締めつけが厳しくなっている。

脱北者によると、北朝鮮市民は、中国からUSBメモリーなどに入れて持ち込まれた韓流ドラマを視聴していたという。

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース