東京大会 コロナ対策で助言 感染症専門家が会議


東京オリンピック・パラリンピックの新型コロナウイルス対策について、専門家が具体的な運用案を助言。

橋本会長「今回のラウンドテーブルでは、より安心・安全な大会運営を行うために、コロナ感染対策の具体的な運用について、アドバイスをいただきたい」

大会組織委員会は、感染症の専門家など6人から、コロナ対策の具体的な運用方法について助言を受ける会議を開いた。

初回の30日は、専門家から出国前の検査のクオリティーを保つことや、障害のある選手へきめ細かな対応が必要などの意見が出された。

組織委員会では、大会本番までに、専門家に選手村や保健衛生拠点を視察してもらい、対策の具体的な運用方法を詰める方針。

(FNNプライムオンライン4月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース