クルーズ船で感染者 横浜に帰港へ 乗客は着岸後下船へ


太平洋を航行中に乗客1人の感染が確認されたクルーズ船「飛鳥II」は、クルーズを中止し、5月1日昼ごろ、横浜港に帰港する。

神奈川・横浜市は会見で、船内には濃厚接触者が1人いて、港に着岸後、およそ300人の乗客全員が下船すると発表した。

横浜市の会見「(陽性となったのは)60代男性と報告を受けている。基本的には濃厚接触者は家族1人しかいない」

4月30日昼ごろ、乗員・乗客およそ700人を乗せて太平洋を航行していたクルーズ船「飛鳥II」の乗客1名が新型コロナウイルスに感染していることがわかった。

この乗客は29日、横浜から乗船した東京都内に住む60代の男性で、現在、船内で隔離されている。

男性は乗船後、喉に少し違和感があったものの、夕食と朝食は部屋を出て食事をしていたが、周囲から5メートル離れマスクを着用していたということで、今のところ、濃厚接触者は男性の家族の女性1人で陰性が確認されている。

乗客は、PCR検査を乗船1週間前と乗船直前に受けることになっていて、男性は乗船直前の検査で陽性が判明した。

船は青森を目指していたが、クルーズを中止し、5月1日昼ごろ、横浜港に到着する予定で、港に着岸後、男性と濃厚接触者の女性の2人を含む乗客302人全員が下船するという。

横浜市は現時点で、ほかに症状が出た人はいないとしているが、症状が出たら下船前に船内であらためてPCR検査をお願いするという。

(FNNプライムオンライン5月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース