宮城県で震度5強 東北新幹線 運転見合わせ


1日午前、宮城県で震度5強を観測する地震があった。

この地震による津波の心配はない。

午前10時27分ごろ、宮城県北部と中部で震度5強を観測する地震があった。

震源地は宮城県沖で、震源の深さは60km、地震の規模を示すマグニチュードは6.6と推定されている。

震度5強を観測したのは、宮城・石巻市、大崎市など、震度5弱が、宮城・気仙沼市、青森・階上町、岩手・一関市などで、北海道から近畿地方にかけて広い地域で揺れを観測した。

気象庁は、午後0時30分から記者会見を開いて、この地震に関する解析と防災上の注意点などを呼びかける予定。

JR東日本によると、午前11時50分現在、東北新幹線は、大宮-新青森間の上下線で運転を見合わせていて、再開の見込みは立っていない。

一方、原子力規制庁は、この地震による宮城県と福島県の原発には、異常はみられないという。

(FNNプライムオンライン5月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース