「飛鳥II」横浜に帰港 乗客1人 新型コロナ感染


航行中に乗客1人が新型コロナウイルスに感染したことが判明したクルーズ船「飛鳥II」が1日午前、神奈川・横浜港に戻り、このあと、感染した男性やほかの乗客が船を下りる予定。

4月29日夕方、横浜港を出港した「飛鳥II」は、乗船直前に実施したPCR検査で、東京都内に住む60代の男性が新型コロナに感染していることがわかり、青森に向かって航行中だったが、急きょ横浜港への帰港が決まり、1日午前11時半すぎに到着した。

運行会社によると、濃厚接触者の女性1人を含め、乗客に症状が出ている人はいないという。

このあと、まず陽性になった男性が民間救急車で搬送されたあと、乗客らは順次、船を下りる予定。

(FNNプライムオンライン5月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース