2日も落雷・突風などに注意 日本海側・太平洋側各地で


1日は、東日本や西日本で大気の状態が、非常に不安定になった。

2日午前1時現在、静岡や関東にあった活発な雨雲は、東の海上に抜けたが、2日の午前からは、日本海側から再び雷雲が発生しやすくなる。

午後になると、関東など太平洋側の各地で雷雨になる見込みで、落雷や竜巻などの突風、ひょうなどに注意が必要となる。

空が急に暗くなったり、雷の音が聞こえたら、安全な室内に避難し、身の安全の確保が必要。

(FNNプライムオンライン5月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース