全国で5897人の感染確認 国内新規感染者 累計60万人超


新型コロナウイルスの全国の重症者は1,050人と、これまでで最も多くなり、国内の新規感染者の累計は2日、60万人を超えた。

全国の重症者は1,050人で、いわゆる第3波での1月26日の1,043人を上回り、過去最多。

一方、新規感染者は2日、東京都で879人確認され、日曜日としては、およそ3カ月ぶりに800人を超えた。

大阪府では1,057人の感染が確認され、6日連続で1,000人を超えたほか、重症者が過去最多の425人にのぼった。

兵庫県では、日曜日としては最も多い539人の感染を確認。

12人の死亡が発表され、このうち70代の女性は、高齢者施設で入院調整中だったという。

また、北海道では、過去最多となる324人の感染が判明。

このうち244人の感染が判明した札幌市では3日、秋元市長がまん延防止等重点措置の適用の要請を加速化させるとして、鈴木知事と協議することにしている。

このほか、岡山県で114人、石川県で40人と、いずれも過去最多となるなど、全国では5,897人の感染が確認され、国内の感染者の累計が60万人を超えた。

(FNNプライムオンライン5月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース