クルーズ中断「にっぽん丸」帰港 “感染者なし”も横浜市の要請で


クルーズ船「にっぽん丸」は、クルーズ船「飛鳥II」の乗客で新型コロナウイルスの感染者が出た影響で、クルーズを取り止め、昼すぎに横浜に帰港した。

4月29日に横浜を出港した「にっぽん丸」の「ゴールデンウィーク日本一周クルーズ」は、1日、神奈川・横浜市から要請を受けて運航を中止し、午後0時半ごろ、横浜に帰港した。

運航会社によると、乗客や乗員に感染が疑われる人はいないものの、クルーズ期間や横浜市の感染状況をふまえて中止し、払い戻しの対応をとる方針。

乗客「残念だけど仕方ないよね。(船内の様子は?)みんな仕方ないのかなぁって」

クルーズ船をめぐっては、「飛鳥II」が航行中に乗客の感染がわかりクルーズを取り止めていた。

(FNNプライムオンライン5月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース