自民党改憲案めぐり意見対立 コロナ禍 憲法記念日


憲法記念日の5月3日、菅首相らがメッセージを寄せた。

菅首相「新型コロナへの対応を受けて、緊急事態への備えに対する関心が高まっています。そのことを憲法にどのように位置づけるかは、極めて重く大切な課題です」

立憲民主党・枝野代表「憲法の制約があるために、必要な(新型コロナ)対策が打てていないわけではない。まったく関係ない憲法のせいに押しつけている。許されることではない」

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、憲法に緊急事態条項を設ける自民党の改憲案をめぐり、意見の対立が表面化している。

(FNNプライムオンライン5月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース