【独自】希少な猟犬10匹も盗まれる 金目当て? 輸入困難で人気


垂れた耳に、つぶらな瞳。
母犬に寄り添って、すやすやと眠る子犬。

このかわいいワンコたちが暮らしているのは、和歌山・上富田町の山奥にある猟犬の訓練場。

かわいい顔をしているが、イノシシ猟をするための猟犬。

40年ほど前から、こちらでは、イノシシ猟のためにアメリカ原産の犬「レッドボーン・クーンハウンド」が育てられていた。

飼い主の男性によると、この犬種は、現在では海外からの輸入が難しく、国内で繁殖させている例はほとんどないという。

被害に遭った男性(83)「(この犬種は)人気がある。今も売ってくれと言われても、絶対に売っていない。友だちにも」

しかし、2021年3月から4月にかけて、およそ30匹のうち、子犬を含めた10匹が何者かに盗まれてしまった。

被害に遭った犬舎は、おりを閉めていた針金が外されていたという。

被害に遭った男性「寂しい思いはするよ、それは。これ(犬)が欲しくて盗んだんだか、金が欲しくて盗んだか、そっちかわからんけど、大量に持っていくということは、金が欲しかったんやろうな」

警察は、窃盗事件として捜査している。

(FNNプライムオンライン5月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース